オンリーワンのホームページをつくろう!

自分にしか書けないコンテンツを意識する

個性的なホームページは人気が出るといわれます。では、具体的にどのようなことを意識すればオンリーワンともいえる個性的なホームページを作ることができるのでしょうか。
やはり、なんといっても自分にしか書けないようなコンテンツを意識するのが一番重要です。たとえば、守秘義務の範囲外で仕事のことを書けば、読む人にとってかなり興味深いコンテンツになるでしょう。あまり珍しい職種ではないから見てくれる人なんていないと考えるのは早計です。レジ打ちの仕事であれば、かごにどのように商品が入っていると取り出しやすいのかといった情報を書けば多くの人の参考になります。また、郵便局員であれば「どのようなことに注意すれば郵便事故が起きる確率を減らせるか」といった注意喚起をすれば、オークションなどでよく郵便を使うという人にとって有意義な情報になるでしょう。

コレクターであれば所有物の情報を公開してみよう

特定の趣味を持っている場合は、その趣味について徹底的に掘り下げるとオンリーワンのページを作りやすいです。たとえばコレクターであれば、集めている物を一点ずつ写真に撮ってホームページにアップすることで、資料的に価値のあるコンテンツを作ることができます。また、そういったサイトには同じ趣味を持つ人が集まるので、掲示板を設置することで貴重な情報を集めることが可能です。実際、個人コレクターが運営しているホームページの掲示板に、専門家が情報を書き込むというケースも珍しくありません。
ペットを飼っている場合は、一日一枚、ペットの画像をアップするだけで個性的なページを作ることができます。ペットは同じ種類であっても、皆、容姿が少しずつ異なるからです。

HP作成にあたっては商用か個人用かで変わってきますが、共通して言えることはサイト訪問者にとって見やすいレイアウトを心がけることです。